Click here for menu

誕生とこれから

コースターに置かれた水

現在は宅配ボトルを活用したウォーターサーバーが、日本でも広く普及しており、珍しいものではなくなっていますが、その最初の誕生は1910年代のアメリカとなります。 当時アメリカ南西部は乾燥による水不足が年中起きており、水を確保する手段としてウォーターサーバーの原型である、濾過機能付きのサイフォンが用いられました。これにより水を一定量蓄えつつ、手軽に利用できるようになり、わざわざ労力を掛けて遠方から水を運んでくる苦労が大きく軽減されることになります。 1930年代には、今の宅配ボトルシステムに近いシステムが既に構築されており、遠方への水の宅配とウォーターサーバーの活用が広まっていき、現在のような宅配水の仕組みが出来上がります。

水道水と違ってウォーターサーバーに用いる水は複数のタイプがあります。天然水、あるいは自然水と言われる一切に水に手を加えていないタイプの水がまずひとつです。次にミネラルウォーターがあり、これは鉱物資源であるミネラル分を豊富に含んでおり、その成分に手を加えているものです。さらにRO水呼ばれる、逆浸透膜処理を繰り返して不純物がほとんどゼロの水もあります。 これらの水はそれぞれ需要が多くの人にあります。例えば不純物がほぼゼロのRO水は赤ちゃんや老人といったミネラル分で体を壊しやすい人によく利用されています。 ウォーターサーバーの水はこのように複数のタイプがあり、それぞれが今後需要を伸ばすと関係者は見ています。