Click here for menu

便利だけどお金が

朝日の中水を飲む女性

かつてのアメリカ南西部地方では水道設備の不足と、乾燥しやすい気候帯によって常時水をストックしておく必要がありました。しかし常飲する飲水を樽に入れておくのも、すぐに使用できず不便なため、ガラスサイフォンを改造したウォーターサーバーを導入した家庭が見られるようになります。 これが1910年代のことで、以降次第にウォーターサーバーを導入する人が増えていき、1930年代にはトラックを使って水の宅配を行う業者が多くなります。ウォーターサーバーの電動化もこの頃に行われており、以降は水をポンプで持ち上げてより手頃に使えるようになります。 日本では1980年代にミネラルウォーターブームが訪れて、にわかにウォーターサーバー注目されるようになります。現在では省エネ運転ができるウォーターサーバー機も登場し、電気代が節約できるため人気となっています。

省エネへの関心の高まりは今や、至るところで起きています。住宅における関心もいかにエコ住宅を実現できるかというものがありますし、自動車もエコカーが大人気となっています。これと同様に、ウォーターサーバーにおいても電気代を節約できる節電効果の高いサーバーが特に人気となっています。 ウォーターサーバーはその性質上、一度電源を入れると長期間運用をすることになります。そのため電気代を抑えることができる機種は、トータルのでのコストを大幅に抑えることにもなります。 最新の省エネ機能を持つウォーターサーバーともなると月額の電気代で1000円を大きく下回る優れた省電力性を誇る機種もあります。このような事情から、今後も電気代を節約できる、節電効果が高いサーバーの需要が予測されます。